モデルケース

「小規模事業者持続化補助金」の枠をいかに使うか?モデルケースをご紹介します。

持続化補助金は、事業計画に対して、3分の2の金額が支給され、助成金の上限は1件あたり50万円です。つまり、75万円での企画について3分の2の補助が受けられることになります。ホームページを活用し、企業のブランド力をアップするために、実際にあった例としてモデルケースをご紹介します。 あくまでざっくりとしたイメージです。また補助金は受給時と運用時に2度の審査がありますので、受給を保証するものではありません。

モデルケース:贈答用品販売会社(従業員1人)

こちらは、ブライダルや贈答用の商材を販売を目指し、企業されたケースです。何もないところから、始まりますのでホームページの他に、名刺、会社案内などの紙媒体も申請予算に組み込みました。

予算配分・業者選定・内容は悩ましい問題! 早い段階で中小企業診断士など中立な立場の専門家へ相談を!

予算配分をどうするかは悩ましいところです。人によっては、知り合いの方などに5万円〜10万円の予算でホームページを依頼するケースが多いとおもいます。しかし、そうした安価なホームページは後々「イメージと違う」「突然連絡が取れなくなった」「疎遠になって更新を頼みずらい」などの問題が生じるケースが多くあります。 しかし、「かっこいいホームページ」「高いホームページ」が必ずしも必要ではりません。 個別の業者ではなく、あなたの会社の将来について親身に相談に乗ってくれる専門家に相談ください。 当社にご相談いただければ、しっかりとヒアリングをさせていただき、ホームページ、紙媒体、看板、広告全般について適切な予算配分を提携の中小企業診断士と相談の上ご提案します。