ホームページのチェックポイント
チェックポイント

スマーフォン、タブレットに対応していない

近年、ホームページの閲覧者は半数以上がスマーフォン、タブレットを利用しています。スマーフォン、タブレットは画面が小さかったり、指での操作のために小さなボタンが押しにくいなどの特徴があり、スマーフォン、タブレットで閲覧すると自動的に配列が変わったり、ボタンが大きくなるスマーフォン、タブレット対応(レスポンシブ対応)のホームページが標準となっています。 現在のホームページがスマーフォン、タブレット対応していない場合にホームページの効果が限定的となり、事業計画の遂行に悪影響が予想されます。

1年以上更新していない

ホームページを更新するには、1、いつ 2、だれが 3、どんな内容で更新するかの「しくみ」が必要です。また、更新をWEB会社任せにしていると更新も遅く費用もかかるので、自社内で更新できるホームページが必要です。

《動的情報》の掲載が少ない

現在ほとんどのホームページが、会社概要や事業概要など紙媒体と変わらない《静的情報》のみが掲載されていません。あなたの会社はいかがでしょうか?スマーフォン、タブレットでの閲覧者が増えたため、イベントの情報や季節の情報など即時性のある情報の掲載が求められています。 しかしながら、ホームページがそのような操作に対応できないケースもあるので、全面的にリニューアルをする必要があります。