撮影の基本

撮影は商品イメージを決定する重要なファクター

商品撮影は、商品イメージを決定する重要な要素です。だからこそ、質の高い写真を掲載することは重要なことです。当社が考える「質の高い写真」とは、単に高級なカメラで撮ることではありません。お手持ちのiphone等のスマートフォンのカメラでも撮影できる基準です。ご参考にして頂ければ幸いです。もし、ご興味があれば、ご説明させていただきます。

撮影の基本1:活き活きとしている

撮影の基本はまずは写真が食品であれば「おいしそう」なこと。人であれば「楽しそう」なこと。これが一番重要なことです。前述した商品の価値の二側面のうち、「目に見えない価値」がすべてではなくても、その見えない価値を連想させる要素が映像化されている必要があります。

撮影の基本2:使用価値が伝わる

商品それ自体だけではなく、どのように使うのか、どんな場面で使うのかが分かる商品写真が必要です。詳しくはご相談ください。

撮影の基本3:質感が伝わる

その商品の質感が分かるアップ写真を撮影することが大切です。これには、高い機材は要りませんが、フレーミング、ライティング等の多少の専門知識が必要となります。