新聞折込チラシの基本

新聞折込チラシはノウハウの塊

新聞折込チラシでの成功は、効果も大きいツールですが、専門知識がないと不発に終わるケースが多いです。当社では、お客様のご要望をお伺いし、適切な折込にチラシの企画を立案します。

新聞折込チラシの基本1:折込チラシの持ち時間は「2秒」

折込チラシは、「2秒で判断される」と言われます。長い文章や写真やイラストの少ない(小さい)チラシは、2秒で判断できず、読み手のレスポンスを得ることができないのです。2秒で読み手に的確な情報を与え、数多くのチラシの中から、「取っておこう」と思わせる工夫が大切です。

新聞折込チラシの基本2:「認知」→「判断」→「行動」の原則を生かす

広告宣伝の基本は「認知」→「判断」→「行動」です。折込チラシにはこの3要素が必要です。特に「行動」が明確にする必要があります。つまり、チラシの読み手に、「来店してほしい」「アンケートに答えてほしい」「買ってほしい」「入会してほしい」など具体的な「行動」を要求できるかどうかがとても重要です。

新聞折込チラシの基本3:FAX返信欄は必ずつける

FAX返信欄はなるべく大きく取ることをお勧めしています。「FAXでの返信は少ないからいらない」と思われがちですが、FAX返信欄を大きく取ることで、「このチラシがレスポンスを要求している」ことが一目でわかります。2秒と言われる折込チラシの判断時間内に読み手に的確に行動してもらうために、FAX返信欄は重要なのです。