▼ 【IT補助金とは?】のおさらい

─────────────────────────────
▼ メルマガを始めさせていただいた思い
─────────────────────────────

コロナウイルス対策として、一昨日、突然IT補助金の公募が始まりました。

事務局の決定がつい先日、3月10日で、公募の前に支援事業者の募集がありますので、

早くて4月後半と考えていた公募開始が1ヶ月以上早く、現場は大慌てです。

現在、週1回メルマガを発行させていただいて、補助金の情報などをお知らせしていましたが

動きが早く、週1回では、皆様に正確な情報が伝えられないと思い、

思い切って新たなメルマガを立ち上げさせていただきました。

このメルマガは、尾上の大切なお客様や知り合いの方、50人を対象にスタートしています。

もし、IT補助金に興味があるお取引先やご友人がお見えでしたら、登録をお勧めください。

メルマガ登録
https://24auto.biz/new-force/touroku/entryform6.htm

─────────────────────────────
▼【IT補助金とは?】のおさらい
─────────────────────────────

ご存じない方のために、IT導入補助金についておさらいします。

▼【IT補助金20201次公募(臨時対応)】の条件
・80万円から300万円の中小企業のIT導入に際して、国が半額を補助する制度です。

▼IT導入補助金が使えるもの
・ECサイト作成
・サイボウズなどのグループウェア
・キャドなどの
・生産管理システム
・タイムカードなど勤怠管理
・工程管理ソフト
・会計ソフト
・RPAなどの効率化ソフト
・受注管理システム
・電話、WEB予約システム
などのパッケージソフト

▼IT導入補助金が使えないもの
・オリジナル開発するソフトウェア
・単純なホームページ(決済・在庫管理などの機能のないもの)
・広告費
・パソコンなどのハード機器

▼なぜIT導入補助金が必要なのか
日本の中小企業は、「病」と言えるほどITに疎いです。
先進的なIT技術を知らないために、業務にITを積極的に導入せず
人海戦術に頼っているため生産性が低く、先進国では最下位、
韓国やトルコにも劣る水準です。
「ジャパンアズナンバーワン」という過去の栄光を
捨てられない中小企業経営者がこの「IT鎖国」状態を
生み出していると私は考えています。
IT化が急務で国もほっておけない水準となっています。
IT補助金はその状態を変えるための補助金です。

▼日本の中小企業がITに弱い原因
日本の中小企業にはITに詳しい人がほとんどおらず、
生産システムの改良などITを導入するときはまず「ベンダー」と呼ばれる
ソフトウェア会社やシステム会社に話を持っていきます。
そして、本来企業側が考えるべき、「こんなシステムが欲しい」
という要望書である「要件定義」をせず、曖昧な状態で発注します。
「おれはITに詳しくないから頼むわー」と
設計図も仕様も経営者がろくにチェックすることなく、
大金を支出をしているのが実態です。
そのため、現場では高いお金を出したシステムを使いこなせず、
また、余分な機能がついて高くなっているだけなのにそれに気づかず
導入が行われます。当然、毎年の見直しも十分されません。
すぐに、そのソフトウェアは「ブラックボックス」となり
「ベンダー」に頼らないと何もできなくなります。
「リースが切れた」「システムの言語がバージョンアップした」と5年ごとに
「ベンダー」が出してくる高額な見積書を無抵抗に払い続けざるを得ない状況は
「中小企業のデジタル負債」と呼ばれています。
2025年にはITで生産性を上げられない中小企業が、「デジタル負債」に押しつぶされ
業務継続が難しくなり、存続できなくなると言われています。
国策としてこの状態を変える!という国の方針が
IT補助金の生まれた背景だと私は理解しています。

▼(補足)ITコーディネータの役割
企業のお困りごとを解決する適切なITを企業が見つけるお手伝いをするのが
ITコーディネータの役割です。
「IT導入に際し、要件定義を出せる中小企業を増やす必要がある」という
ニーズから生まれた資格です。
中小企業診断士のIT版とご理解ください。

─────────────────────────────
▼3月13日にスタートした【IT補助金20201次公募(臨時対応)】のポイント
─────────────────────────────
昨年度の採択率は3割と人気が高い補助金のため、様々に条件が厳しくなると
言われていたIT補助金ですが、
1次募集の条件は全て昨年のまま。
しかも、オリンピック、景気対策と国は「支援ありき」で第一次公募を
見切り発車しています。
第一次に限って言えば、採択率は相当高いと予想しています。
今年、IT導入を考えている企業は、「ズバリ、1次がチャンス」だと考えます。
ただ、日にちがありません。
締め切りは18日後の2020年3月31日です。

ご検討いただいている方は、早めに尾上までご連絡ください。

最後に中小企業庁からのメルマガを添付します。
IT導入補助金の詳しい内容はこちらをご覧ください。

以下引用
┌┐━━━━━━━━━━━━
└■ミラサポメルマガ 臨時号 2020.3.13
━━━━━━━━━━━━━━
【臨時号】IT導入補助金 公募スタート!

╋本日より、令和元年度補正予算「IT導入補助金」の公募を開始し
電子申請を受け付けます。
http://mail.mirasapo.jp/c/bEsgaroUvkfSzMab

本補助金では、今般の新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響を鑑み
在宅勤務制度(テレワークツール)の導入に取り組む事業者に対して
採択審査における加点措置を講じます。

1次締切は、3月31日(火)17:00です。
応募条件の詳細や申請方法、導入可能なITツール等の詳細はこちらから。
http://mail.mirasapo.jp/c/bEsgaroUvkfSzMab

===【新型コロナウイルス支援策 随時更新中!】===
新型コロナウイルスの影響をうける事業者のみなさまにご活用いただける
最新支援策がまとまった『支援策パンフレット』はこちら!
http://mail.mirasapo.jp/c/bEsgaroUvkfSzMac

引用終了

─────────────────────────────
▼編集後記
─────────────────────────────
文章硬い!!!!

でもこのメルマガは、実際に補助金を申請する方や
本当にITで会社の収益を上げたい方に
ハードな内容で行こうと決めました。

ぶっきらぼうなメルマガですがお許しください。

皆様のお声が全てです。
ご意見や厳しいご指摘をお待ちしています。

証券会社勤務の8年間に3000人の中小企業経営者とお会いしました。
現在は中小企業100社のホームページを管理させていただいています。
自らも「中小企業のおっさん社長」に憧れて大企業を飛び出しました。
私の中小企業のおっさん社長「愛」は本物です。(笑)
なんの取り柄もありませんが、経営者の方と「あーでもないこーでもない」
と話をしている時間が私の最高の時間です。
なにかご相談がありましたらお気軽にどうぞ。

これからもよろしくお願いします。

─────────────────────────────
メルマガ登録
https://24auto.biz/new-force/touroku/entryform6.htm

メルマガの送信先変更
https://abptu.biz/brd/24s/new-force/mail_change.php?cd=06Ioxulu/frek3

メルマガ配信解除
https://abptu.biz/brd/24s/new-force/mail_cancel.php?cd=06Ioxulu/frek3

─────────────────────────────
株式会社ニューフォース
代表取締役 尾上昌人
メール:onoue@newforce.co.jp
携帯電話:090-3581-1898
フリーダイヤル:0120-947-888
ラインアットID @newforce

名古屋オフィス
460-0002
名古屋市中区丸の内二丁目17 番13 号
NK丸の内ビル
TEL:052-766-6544
FAX:052- 308 6527

本社
470-0155
愛知郡東郷町白鳥1-3-1
電話    0561-38-5619
ファックス 0561-38-5660

URL:https://newforce.co.jp/
──────────────────────────────

関連記事

TOP